真岡サイト環境方針

理念

「地球と未来を考える興和グループ」は、環境問題の重要性を認識し、社会の持続可能な発展に寄与するため、事業活動と地球環境保全の調和を図る。

方針

興和グループは、メーカー機能から商社機能まで併せ持つ複合企業体として、環境とさまざまなかたちで接しながらグローバルな事業活動を展開している。

真岡工場は、真岡市西部の郊外に位置する第1工場団地にあり、緑の多い環境の中で、医薬品の製造を通じ人々の健康に寄与することを事業の目的としている。

当工場では、このすばらしい環境を未来に引き継ぐため、自らの活動、製品又はサービスのライフサイクルを考慮し、以下の方針に基づいて事業活動を展開し、理念の実現に努める。

  • 1.環境管理体制(EMS:Environmental Management System)の確立、実施、維持

    ISO14001を活用した、EMSを確立し、実施し、維持するとともに、パフォーマンス向上のためにEMSの継続的改善に努める。

  • 2.環境関連諸法規等の順守

    事業活動にあたり、環境に関する法律、規制、その他真岡工場の合意した事項を順守する。

  • 3.汚染の予防と環境保護 化学物質の適正管理:化学物質の適正管理を徹底し、各種の汚染を防ぐように努める。 低炭素社会構築への寄与:気候変動防止に繋がる省資源、省エネルギーに努める。 循環型社会構築への寄与:循環型社会の実現を目指し、廃棄物の発生抑制、リサイクル、資源の有効利用に努める。 環境保全型事業の推進:環境負荷を低減させる事業および環境に配慮した製品、商品の取扱いを推進する。 生物多様性保全への配慮:生物多様性の保全が次世代への責任であることを認識し、持続可能性を脅かす行為に加担しないように努める。