東京創薬研究所 環境方針

理念

興和株式会社、東京創薬研究所では、地球環境の保全と人類の健康が何より重要な課題と考えています。 そこで、「地球と未来を考える興和グループ」の環境理念を掲げる一員として、地球環境の保全と人々の健康に寄与する医薬品創製との調和を目指し、持続可能な発展に向けてたゆまぬ努力を続けます。

方針

東京創薬研究所は、東京の中でも武蔵野の自然環境を残す数少ない地域にあり、医薬品の研究開発、創薬及び医療機器の製品開発を目的に事業を行っています。 当事業所では素晴らしい環境を未来に引き継ぐため、地球環境にやさしい研究開発、創薬を推進していく具体的な方針を定めます。

  • 1. 全従業員参加による環境マネージメントシステムを構築し、事業活動による環境汚染の予防と改善に努めます。
  • 2. 環境に関連する法規制及び当事業所が順守すべきその他の要求事項を遵守します。
  • 3. 環境汚染発生の予防と持続可能な資源の利用、地球温暖化への対応、生物多様性及び生態系の保護に取り組み、環境保護を実現します。
  • 4. 環境方針達成のため、以下の項目を含んだ環境目的・目標を設定し実施する事により、環境パフォーマンスの継続的改善を推進します。又、これらの環境目的・目標は、定期的な見直しを行い必要に応じて改定します。 環境汚染を防ぎ、生物多様性及び生態系保護に取り組むため、化学物質及び動植物等生物の適正な管理に努める。 ライフサイクルの視点を考慮し省エネルギー、廃棄物の削減と再資源化を推進する。 医療用医薬品の創薬と育成のために、業務効率を図り、効率的な創薬を推進する。 医療機器及びヘルス機器への応用技術をもとに、業務効率を図り、効率的な製品研究を推進する。
  • 5. 環境美化のため緑化活動に努力し、地球の環境保全活動にも取り組み、地域社会との共生を図ります。